生活困窮者自立支援制度

ホーム > 生活困窮者自立支援制度

生活困窮者自立支援制度

働きたくても仕事がない、家族の介護のために仕事ができない、再就職に失敗して雇用保険が切れた、あるいは、社会に出るのが怖くなった……。さまざまな困難の中で生活に困窮している人に包括的な支援を行う「生活困窮者自立支援制度」が平成27年4月から始まりました。就職、住まい、家計など暮らしに悩みを抱えた人は、一人で悩まず、相談窓口にお問い合わせください。

どのような方が対象者ですか?

生活困窮者自立支援制度は、「現在は生活保護を受給していないが、生活保護に至るおそれがある人で、自立が見込まれる人」を対象に、困りごとにかかわる相談に応じ、安定した生活に向けて仕事や住まい、さまざまな面で支援するものです。生活保護から脱却した人でも、再び最低限の生活を維持できなくなることがないよう、支援の対象となります。

たとえば、下記のような相談内容が支援対象になります。

  • ・仕事が長続きしない。自分に合った仕事がみつからない。
  • ・家族の生活や将来が不安。
  • ・引きこもりから脱却できない。
  • ・収入が無く家賃の支払いが困難。
  • ・どこに相談したらよいかわからない。等々。

「こんなことで困っていませんか?」

生活自立相談窓口チラシ

(799KB)
詳しく見る
こんなことで困っていませんか?

お気軽にお問い合わせください

住吉区社会福祉協議会では、皆さまからのお問い合わせを受け付けております。
福祉全般、ボランティアのことなど、ご質問を下記の連絡先までお寄せください。
担当のスタッフが対応いたします。

  • 06-6607-8181

  • 06-6692-8813